新生児・赤ちゃん110番!経験者がメモした困ったときの い・ろ・は

「子に過ぎたる宝なし」ということわざを聞いたことはありますか?
「こに すぎたる たからなし」と言って、「子供は、どんな宝よりも、まさっているものである」ということを指すことわざになります。

 

このサイトに訪れた方は、赤ちゃんを授かってまもないママ・パパがほとんどたと思います。中には、お孫さんを気にかけているおばあちゃんやおじいちゃん、かわいい甥・姪のために!と奮起しているおねぇさん・お兄さんもいると思います。

 

そんなあなたの悩みを解決するサイトを目指して、立ち上げました!

 

遅くなりましたが、私は、2児の娘を持つ母でございます。
世の中には為になる本、役立つサイト、たくさんありますが、その中から「これは使える!これは役に立つ!」と思った内容を私の経験談を踏まえてまとめていきたいと思います。
例えば赤ちゃんの便秘についての内容や、「イライラしてしまう」等、皆さんも経験があるようなことを紹介していきたいと思います。

 

子宝脛が細る

先ほどは、「子は宝」とお伝えしましたが、実はこんなことわざもあるのです。

「子宝脛が細る(こだからすねがほそる)」

「子は宝」とよく言われるが、その子のおかげで親は苦労するというたとえ
のことを言います。
熱が出たり、言うことをきかなかったり、わがままだったり、学費がかかったり。
子供がいなければ、世話をすることもなければ、お金がかかることもありません。

 

ですが、私は思います。お金や苦労に変えることができない「子供」というかけがえのない存在!
イライラすることもあるでしょう。
叱って自己嫌悪になることもあるでしょう。
お金が足りなくて、必死に働かなくてはならない使命感がプレッシャーになることもあるでしょう。
それは人間だから仕方ありません。
そんなあなたの悩みを少しでも楽にできたらいいな。と私は思います。

 

まずは育児のお悩みランキングを紹介したいと思います。

 

育児・赤ちゃんのお悩みランキング

皆さんの悩みをランキングで紹介したいと思います。

 

イライラして怒ってしまう・そして自己嫌悪

0歳の赤ちゃんと3歳の娘を持つ母ですが、赤ちゃんだけでも手一杯なのに、長女が言うことをきかず、イライラして長女を怒鳴ってしまいます。一人娘だったらもっとやさしくできたのかなぁと自己嫌悪に陥ってしまいます。
最近は赤ちゃんにも怒ってしまう状態。ストレスを貯めないように旦那にあたっています!笑

2児のパパをやっています。二人ともママが叱った時は言うことをききますが、パパである私の言うことは全く無視されます。怒っても逆切れ。イライラがピークになってやってられなくなります。仕事で頑張ってお金を稼いできても、なんだか切なくなります。
もちろん、子供だからしょうがない!と割り切れればいいのですが。やっぱり私の心が小さいのでしょうね。大きくならなければ。

今日こそはイライラしないで優しく接しよう!と心に決めても、食べ物をこぼしたり、遊んだおもちゃも片づけなかったり、仕舞いには寝ている私のお腹に乗ってきたりして、最終的にはイライラして怒ってしまいます。
もっと子供の気持ちになって遊んであげることができればいいのでしょうけれども、子供のペースについていけず。。。
子供を窮屈にしてしまっているのではないかと、自己嫌悪に今日もなっています。

 

皆さんも同じ経験があるのではないでしょうか?
子育てでイライラしない人はいないと私は思います。いたらその人は、とても大きな心の持ち主なのではないでしょうか。
赤ちゃんや子供の行動は、自分の思う通りに行かないものです。割り切ってしまうのも一つの手だと思います。
そんな時期もあと何年かすればいい思い出になるでしょう。逆に言えば今しか味わえない時期です。イライラすることを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

なかなか寝ない・眠れない

生後3カ月の娘をもつ母です。夜、2時間置きにぐずって起こされます。最悪1時間間隔の場合もあります。これでは私が睡眠不足で倒れてしまわないか不安です。ぐっすり寝てもらいたいと思って、母乳とミルク両方をあげ、お腹いっぱいに寝かせてみたりもしますが、あまり効果がありません。昼間は昼間でお昼寝は長くても1時間くらいなのでやっぱりまとまった睡眠がとれなく困っています。

 

5ヶ月の赤ちゃんですが、寝るとき必ず抱っこorおっぱいじゃないと寝ません、そして寝てくれたので、布団に寝かせようとすると、起きます。よく言われている「背中スイッチ」というやつですね。熟睡した後でないと寝ないので、しばらく抱っこしたまま夜中座って寝ています。横で寝ている旦那をにらみながら。。。笑

 

この悩みは、皆さんも経験したことがあるでしょう。
避けては通れない道ですね。生後1〜2ヶ月のころは、睡眠の感覚がまだできていないので、昼夜逆転する子も少なくはないようです。
昼夜逆転にならないよう、夜は寝て朝起きたらカーテンを開け、日の光を浴びて習慣づけをしましょう。
自然と睡眠パターンがみについてきて、夜になると長く寝る。朝になったら起きる。となるでしょう。
管理人の私の長女は、たまたま舌を傷つけてしまって、痛くておっぱいが吸えなくなり、おっぱい離れをしたら夜中全く起きなくなったことを覚えています。その時の感動と言ったら、表現できませんでした!笑
もうしばらくの信望、旦那さんにも手伝ってもらって、睡眠時間を少しでも確保しましょう!

 

自分の自由時間が取れない

朝起きたら赤ちゃんの世話、昼間は家事、掃除、泣いた赤ちゃんの世話、公園へ出かけて散歩、夜は旦那が残業で帰ってこないので、お風呂を入れて、寝かせて一緒に寝ちゃいます。これで一日が終わり。
まったく自分の自由な時間がありません。仕事だからといって外に一応外出している旦那がうらやましく、憎く感じる今日この頃です。

 

新生児と2歳の娘のママをやっています。新生児はすぐぐずるので手が離せず。2歳の娘は落ち着きがなく、危なっかしいのでこちらも目が離せず。朝昼晩の食事の準備、掃除、やっぱり私にはフリータイムがない。
このままどんどん老けていってしまうのか。。。。

 

パパです。よく妻が「自由な時間がないから会社から帰ってきた後ぐらい手伝ってよ」と言います。疲れているのは十分わかります。が、、、会社から帰ってきて、子供の遊び相手+お風呂入れ+歯磨き+寝かしつけ。これ全てやってたら私の自由な時間がありません。
妻はトイレに行く自由な時間もないんだから会社の方が自由な時間があっていいね!と言ってきます。
お互い様なんだけどなぁ。。。。と泣きたくなります。

 

ママさんの自由な時間がない問題は、本当にわかります。トイレに行く時間さえ自由ではないのですから。
でも最後のパパさんの意見も、少し同情しますね。
ママさんとパパさんで協力し合って、少しでもお互いフリーな時間が持てるよう、相談してみてはいかがでしょうか?